私の最大のコンプレック

私には数え切れない程のコンプレックがあります。

ホクロが多い事、膝下O脚、毛穴が開いてる、毛深い、くせ毛、首いぼ…

その中でも1番のコンプレックが出っ歯です。

毛は剃ればいいし、くせ毛は矯正をかけることができます。
首いぼは再発が怖いですが、レーザーで取ることができます。

しかし、出っ歯は歯列矯正にかなりの大金がかかります・・・

笑うのにも歯が気になり、思いっきり笑えない、横顔か本当にブスで冬になるとマスクをしています。歯列矯正も考えましたが大人になってからの歯列矯正は100万単位の高額な治療費がかかります。実際に歯科にも行き、無料のカウンセリングも受けました。しかし時間もかかるし、痛みが凄いらしいのでその時は気が引けてしまったのです。インプラントも考えましたが家族に反対され今も出っ歯のままです。

笑顔が可愛い人に憧れ、出っ歯じゃなかったらなと何度も何度も悔しい思いをしました。今では出っ歯をチャームポイントとして自分ではネタにしていますがやっぱり気になりますね。何歳になってからでもいいのでお金を貯めていつか歯列矯正をして出っ歯を治し、思いっきり笑える日が来るといいなぁと思っています。

綺麗で透明感がある肌に少しでも近づくために

子供の頃から色黒で肌のキメも粗いことがコンプレックスで大人になってからはメイクにも力を入れ少しでも綺麗に透明感のある肌つくりができるようにこだわっていますが元々色ロな肌を綺麗に見せることは難しく汗をかいてファンデーションが落ちてしまうと肌のきめが粗いので毛穴落ちしてしまいかなり汚く化粧崩れしてしまう肌には嫌気がさしています。

最近期になるのは肌の糖化で化粧品で良いものがないか探しています。

色黒でキメが粗いのに乾燥肌なのでファンデーションを滑らかに、綺麗に塗るのも難しく下地もファンデーションも自分に合うものを長年探しやっと見つけることができましたが少しでも寝不足だったり肌に疲れが残っているとすぐに乾燥が悪化したりキメが更に粗くなることで肌に合っているファンデーションなのに綺麗にベースメイクができないことも多く夜のスキンケアでは必要以上にでも肌にしっかりと水分と油分を吸収させて朝起きても潤いがありハリや透明感がある肌に少しでも近づけるように毎日のスキンケアでの保湿は欠かせません。

夏が来て行った夏らしい遊び

毎日暑い日々が続いていますが、夏になるといろいろなことをしたくなります。

まず、7月の上旬に美ら海水族館に行きました。
暑さを吹き飛ばしてくれるような館内で、いろいろな種類の魚を見ることができました。

イルカのショーなどは屋外になり暑かったですが、水の中で泳ぐイルカたちを見ると、少し涼しげな気分になり楽しむことができました。

7月下旬には花火大会に行きました。
地元で開催したものですが、12000発と見ごたえある花火の連発で屋台の食べ物や飲み物を片手に観覧することができました。
帰りは渋滞に巻き込まれましたが、それも思い出になります。

友達となぜかまつ毛が減った話で盛り上がりました。
聞いて見るといろんな美容液を使ったそうで、勉強になりました。

そしてつい最近いったのが海です。
焼けるのが心配で日焼け止めを大量に塗って入りました。
泳いでは休憩しての繰り返しで数時間滞在していました。

海の家で焼きそばやかき氷を買って休憩の時に食べるのは最高でした。
海は遠のくほど水が冷たく、とても気持ちよかったです。
まだまだ夏は終わらないので他に夏らしいことをして秋を迎えたいと思っています。

学生時代に出会ったパソコンで人生が決まりました。

私は、システムエンジニアをしています。

きっかけは中学の頃に出会ったパソコンです。

その当時、パソコンゲームが流行りました。

でも、パソコンは高価な物で一般的には買えない物でした。

私は、どうしても欲しかったので、いろいろ調べました。

そしたら、家庭用テレビに接続できるMSXという低価格のパソコンの事を知りました。

私は、お年玉で購入しました。

このパソコンはどちらかというと、ゲーム機に近かったので、ゲームが豊富でした。

このパソコンには、ベーシックというプログラム言語で、プログラムを組む事が

出来ました。

私は、プログラムに興味があり、楽しみながら覚えました。

工業高校に入学したのですが、私が驚いたのが、プログラムの授業があった事です。

私は、3年間で覚える事が把握していたので、教える側として参加していました。

卒業研究もプログラムでソフトを作りました。

このプログラムを覚えた事で、人生は決まりました。

プログラマーに経て、システムエンジニアになりました。

趣味も仕事もパソコンなしでは生きていけません。

先ほども、lps サプリの口コミをみて楽しみました。

今日はアイスを食べました。

今日はとても暑かったので、アイスを食べました。私の一番好きなアイスは雪見大福です。

雪見大福って、冬に食べるように作られたアイスなんですよね。でも私は夏にも食べています。なぜかというと、ああいうもちっとした触感が大好きだからです。いつも食べています。

私はモチモチした触感に目がないんです。昔からそうです。ですから、お餅関係は毎年買っているし、おなかがすいたらポンデリングとかモチモチしたものを食べているし、色々と考えてみるとモチモチ関係には密につながっていると思います。

今日は雪見大福を食べていると、子供も欲しいと言って寄ってきて、結局2つ入っているうちの1つは食べられてしまいました。えーん。

大好物を取られると結構ショックですが、自分の子供なので許します。これが兄弟とかだったら喧嘩になっていたと思います。昔はよくケンカをしていたので。今はあまりそういう事がないですが、兄弟ってそういうものなんでしょうねきっと。

とはいえ、兄弟の楽しい思い出もいっぱいあるので、また妊活しようと思っています。

今は妊活のお茶とかもあって、こういうのも楽しもの一つですね。

 

ぼっち飯の話

大学時代に訳あって一人暮らしをしなくてはならない時期があったのですが、お洗濯やら料理やらもう大変でした。天気予報が外れたときは洗濯物ビションビションで「、、、遠い目」みたいな状態になりましたね。自炊にしても三日連続で焼きそばとか(うどんの時もあった)、、。たまにはレプチンを増やす食べ物を意識したり結局学生食堂にしたり、カップ麺とサラダにしたり自炊なんて続かなかったです、、。そんなわけで学食も結構利用していたのですが、自分は[ぼっち飯]をよくしていました。一人で食べるのが好きだったのです。でもそんな時に限って話しかけてくる人がいるんですね、しかも全く話したくない興味のないどうでもいい奴なんです。邪魔でしょうがない「消えろ」って心底思いましたね。こういう空気の読めない、人に気を遣えない人は大学来るなと今でも思いますね。(どうせ勉強の邪魔もするんですよ真面目に勉強したい人の邪魔でしかないです)一人で食事したい人もいる。それは何も悪い事ではないです。、、やはり今でも思います。自分はぼっち飯支持派です!!

会社の男好きの女子社員が耐えられなかった

私は営業事務をしていますが、アシスタントの女性が気持ち悪くてしかたありません。

男性社員が居るときは、猫なで声で話し歩き方も小さい歩幅で歩くという凄いぶりっ子なんですが、男性陣が居なくなると態度は180度変わり声は低くなり私に対しても文句を言ってきます。

また、男性陣と私が仲良く話していると横から話しを奪おうと必死に会話にはいってきて、私はそんな彼女が気持ち悪いので直ぐにその場を立ち去っています。

そんなぶりっ子女がある製造の上司の事を好きになり(ちなみにふんどしや布ナプにこだわるようなぶりっ子で既婚者です)上司にもうアタックするのですが、その上司は私のことを気に入ってくれていて大切にしてくれるので、ぶりっ子女には見向きもしませんでした。

そんな時、会社の社長に呼び出され製造部長と付き合っていて私がぶりっ子女をいじめているのかと聞かれるといった事がありました。

いじめるなんて最低レベルなことはしないといっても、社長には信じてもらえず数か月社長からイジメのような仕打ちを受けました。

そのことを知った製造の上司が、ぶりっ子女にいい加減にしろと叱ったところ、あっさり退職したので良かったのですが、それが社長の私への嫌がらせを悪化させ尚且つ製造の上司に対しても嫌がらせをするようになってしまいました。

そんなとき、社長のお気に入りの社員が大ミスをしてしまい会社い多大な負債を与えることになったとき、製造の上司と私にしか対応が出来ないことが分かりいじめも無くなり今では、普通な態度をとってきていますが私は許せないので、社長に対しては笑顔一つ見せること無くなりました。

ちなみに、やめたぶりっ子女はどのような状況かは知りませんが、目がやたら離れて身体も大きく誰からも女性として思われていない様だったので、ぶりっ子が逆に気持ち悪いと社員の中で話題になっていたので良しかなと思います。

新居を探してきただぁ~(⌒∇⌒)

色々あって、今日新居を探してきました~!!
私は栃木の田舎に住んでるんですが
栃木へ家賃が安い!

今回見つけた物件は
家賃・駐車場1台分・ネット環境揃って
な・ん・と!
¥35.000!!!
すごくないですか?

部屋は1Kですが寝泊りするにはなんだ支障はないレベルです。

地元から離れたいと言うか方や一人暮らしをしたいと言う方は
是非、栃木県に来てみてはいかがですか?

所でなんで、急に引っ越しする事になったかと言うと
以前、働いていた職場が嫌になり
転職と気分転換がてら引っ越しに踏み切りました。

その以前働いていた職場と言うのは俗に言う
ブ・ラ・ッ・ク・企・業~(´;ω;`)
サービス業をしていたので拘束時間が長いなどはある程度覚悟してましたが
私生活に支障を懐レベルでしたので退職を決めました

どの程度のブラックかと言うと
一日の労働時間は平均11.5時間・・・
月の公休は平均は3~4日
勤続年数約9年にして手取り¥190.000弱

全然割に合わない仕事でした・・・
皆様はこんなブラック企業に引っかからない様にお気を付けください。

おかげで節約術だけは発達しました。
眉毛を生やすのもニベア、目の下の小じわもニベアと、ニベアの有効活用(笑)

な~んて話がいっぱい脱線しちゃいましたけど、新居を見つけたの報告でした~

隣の家の変わったおばさん

私が今の所に引っ越ししてきて約4年がたちます。
引っ越ししてきた時から隣の家のおばさんは変わった人だなと思っていました。

私はこの人みたいに直接被害がないので
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1396418318
まだ良いのですが、ちょっとおかしいかなと思っていることを書きます。

引っ越しの挨拶に行っても、明らかに家にいるのに出て来なかったり、挨拶しても無視されたりしたので、ほとんどお隣とは交流を持っていませんでした。

ある時に前の家の人が引っ越しして空き家になりました。
それから数か月たったある朝、私は2回のベランダで洗濯ものを干していました。

ふと下を見たら、隣の家のおばさんが、前の家の玄関の戸を拭いていました。
前の家に引っ越ししたのだろうか?と思いましたが、どうも引っ越ししている様子ではありません。

そして又数日たった時に、前の家の玄関横のスペ-スにプランタ-を置いて植物を育て始めました。
え!これって不法侵入じゃないの?と目を疑いました。

隣のおばさんは、野菜を作るのが好きで自分の家の玄関前のスペ-スで植物を植えてます。
でも、狭いから前の家を我物のように使ってるの?と信じられない光景でした。

そしてある日、隣のおばさんはそのプランタ-を急いで片付けていました。
前の家に新しい住人が引っ越ししてきたのです。

隣のおばさんは、前の家のおばさんには初めから親しげに話をします。
プランタ-を置いてた罪の意識からでしょうか?